<< 手作りハーブオイルとハーブティ | main | 怪獣くんの化学物質過敏症(皮膚炎)の対策。 >>

怪獣くんの化学物質過敏症(皮膚炎)とは。

130124.jpg


ブログでも何度も記事にしている通り、怪獣くんは”化学物質”に対して肌が過敏な反応を起こす、
所謂、化学物質過敏症(皮膚のみの化学物質アレルギー)です。

最近ブログを始め、児童館で知り合ったお友達やそのまたお友達などで
「うちの子も・・・」や「もしかして私も・・・」など相談される機会が増えてきました。

怪獣くんの場合「どうして化学物質に関してアレルギーがあると分かったのか?」とか、
「どういった対策をしているのか?」などなど、大体同じ事を聞かれるので、
一度、自分で整理する意味も含めてまとめてみたいと思います。


130124-2.jpg


●気づいたきっかけ:実家に帰る度に湿疹がでる(滞在中or帰宅後すぐ)
里帰り出産で、生後1ヶ月フルにいたときは、乳児発疹は出たものの、疑わしい湿疹は出ず、
ようやく自分でずりハイを始めた頃から湿疹がでるように。
また、つかまり立ち、つたい歩きなどもっと動くようになってからは、自宅でも出るようになり、
実家に至っては、より一層ヒドイ症状になりました。
湿疹はでないものの、鮫肌のようにガサついた状態になっていたりすることも。
また、特定の施設を利用し帰ってくるたびに目元が赤くなったり、足がガサガサになったりも。

●気づいたきっかけ2:幸運なことに、ブログ友達が手作り石鹸屋さんだった
湿疹と乾燥肌がひどく、すぐに肌が荒れていたところに偶然知り合った石鹸屋の友達。
肌荒れ=石鹸が良いと全く知らない無知な私。
とりあえずそれまでは片手で全てをまかなえるようにとベビー用の泡立つボディーソープを使用していました。
頂いた石鹸を使った途端に、肌から吹いていた粉がウソみたいに大幅に減少。



●結論
そんな二つの事柄が重なり、実家で怪獣くんが使う布団、タオル、など肌に触れるものと、
畳みなどの掃除を徹底的に行ったら、湿疹の症状が軽くなりました。
最初は犬アレルギーを疑い、簡単な血液検査をしてみる。
(犬、ぶた草、ハウスダスト、花粉症などのアレルギーとして出やすいものは全て陰性)

よくよく観察してみた結果、
・自宅で洗剤を使用して掃除しているような場所で遊ぶ。、
・強めの洗剤やら柔軟剤やらで洗濯しているような方に抱っこされる。、
・子供用室内施設で定期的に洗剤などを使用して綺麗に掃除されているような場所に行く。
・洗剤(さらさ程度なら平気なときも)を使ったタオルで身体を拭く、部分的に口の周りだけ拭く。
・洗剤で洗った布団で寝る。
・ファブリーズを使った畳で遊ぶ。

その後で必ず、(大体症状は、その施設なり行動なりをしてから30分〜3時間後の後付で出る)
・瞼が少し腫れぼったくなって赤くなる。
・ふくらはぎやヒザ裏などがガサガサになる。
・首の後ろ・耳の後ろ・顔に湿疹が出る。
・ひどい場合は、全身に湿疹が出て真っ赤になり眠れないほど痒くなる。

上記と関係なく、
・常時鮫肌のような部位がある(お腹・背中・胸の一部)。

ひどい湿疹で、「これは大変!明日医者に連れて行こう。」と思って一日経つと治っていたのに、
実家に長期滞在していた時は全く治らずに悪化の一途を辿ったのが決定打でした。

ネットで突き詰めて調べ、小児科の先生に相談したところ
先生が今まで診た患者の中で一人もそういった症状を訴える人はいなかったとのこと。
ただ、そこまでだと、化学物質アレルギーor合成界面活性剤アレルギーが疑わしく、
これは幅が広すぎるので断定が難しいものだから、確定はできないけど、確定と言ってもいいそう。

とりあえず触れると症状が出る場合に備えて弱ステロイド剤を常備しておき、
症状が出てないor軽度の場合は使用せず、洗い流す&保湿剤で様子を見てからにするといった対策に。


とまぁ、怪獣くんの化学物質過敏症(化学物質アレルギー)に気づくきっかけはこんな感じでした。
ここではアッサリと書いていますが、今までブログを見てくれていた奇特な方なら分かると思いますが、
1年半程度かけて徐々に徐々に原因を絞って突き詰めて今に至っています。

この徐々にのおかげなのか、ブログのコメントやお友達などから色々情報を得て、
大分症状が緩和し、お肌の状態もよくなってきました。

今日はエネルギー切れなので(笑)、
次記事で怪獣くんに今している肌対策について書きたいと思います。
アレルギーのこと | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://baby.p0w0q.net/trackback/479
Trackback
ポインタ